スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類みな兄弟

☆この記事は、NPO法人アグレコが月一で発行しているフリーペーパー「agreco」に寄稿しているものです。
~みんなでくらしをつくる~というテーマの雑誌で、個性あふれる方たちの描く糸が紡ぎだす月刊誌。
群馬・東京・栃木で手に入れることができます☆



中国、広州市に行ってきました。
香港からも近い、緯度的には台湾と同じくらいの場所にある温暖な地域。
昔から貿易の主要都市として栄えてきた街。
そこにダンス・ワークのアシスタントしてお邪魔しました。


最初の2日間は広州の街を観よう!空港からは市内へタクシーで向かおうと決めていた。
そして空港に到着した途端、冒険は始まった。


現地に着いたら空港で現金を引き出すのが最近の私のやり方で
日本では一銭も両替してこなかった。
まずATMを探す。


ATMは見つかるが「お金の引き出しは現在できません」と書いてある・・・
いくつかのATMが全く同じ状態。


インフォメーションセンターに行き、ATMの場所を英語で聞く。
肩になんて書いてあるかわからないタスキをかけた男の人が、怒った顔と口調で「あっち!」と指をさす。
どのゲートかもう一度聞く。彼のアルファベットの発音が聞きづらく、また聞き直す。
最後には、彼の怒り(に見える)は私を無視するまでになった。
そこで彼との会話は諦め、なんとなく他の銀行らしき場所を探し、
最後には何とかこの空港で唯一お金を引き出せるATMを見つけた!
国際空港で英語は話さない、サービス精神はない、客に怒る。
う~ん中国おそるべし。


今回の仕事は、私の大先輩であるイギリス人ティーチャー、ジョー・ハーディーのワークショップ。
彼女は5~6年すでに中国で教えている。
インドにも暮らし、仏教のアシュラムにも住んでいた経験からイギリス人でありながらアジアをよく知り、
教えの中に西洋と東洋が統合され、鋭くもありながら慈悲に満ち溢れた教え方をする。
「ハート&エモーション」~心と感情を学び・踊る~これが今回のテーマだった。


5日間のコースの初日。
初めて通訳や他のアシスタントと一緒に手を繋ぎサークルになった。
ジョーと私以外の3人は中国人女性。
5人の心がつないだ手を通して溶け合うように一つになる。
その瞬間、私の目から涙がこぼれた。
言葉にできない、ただただ心が震えて涙としてあふれ出した。
そして気付いた。私の心は中国と中国人への偏見でいっぱいになっていた事に。


中国は汚い・仲間以外には冷たい・日本人を嫌っている・自己主張が強すぎる・・・・・
尖閣諸島の問題や、これまでの歴史、実際に中国に行った人たちの感想。
自分で経験したことではなく、すべて誰か、どこかからの情報で私の心は中国人はこうだ、と決めつけていた。
空港での経験もそれを証明するかのようだった。
でも、相手の存在そのものを言葉を超えて、繋いだ手で、心で感じてみる。
そこには同じ人間しかいなかった。
私たちと同じように血が通い、喜びも悲しみも感じ、笑顔もある人間しか感じられなかった。 


コースが始まって、その感覚はより一層強まった。
もちろん外見は違う。
でもヨーロッパでも、日本でも同じように踊る同じ“人間”が、ここにもいる。
その姿は、どの国の人だろうと関係がなかった。
ラベルは必要なかった。


全部で40人いる中で数人いる男性の参加者の一人に聞いた。
なぜこのコースに参加しようと思ったのか。
私と同じ年代の彼は言った。
「自分をもっと知るために。そして人を助けるために。」
私の心はまた震えた。
中国にもいる。
踊ることで自分を知り、誰かを助けたい、と思う人が。


もう一度当たり前のことを再確認できた。
「人類、やっぱりみな兄弟。」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。