無駄な努力

☆この記事は、NPO法人アグレコが月一で発行しているフリーペーパー「agreco」に寄稿しているものです。
~みんなでくらしをつくる~というテーマの雑誌で、個性あふれる方たちの描く糸が紡ぎだす月刊誌。
群馬・東京・栃木で手に入れることができます☆


家には可愛い樹がある。
5年位前に友人からいただいたアボカドの樹。
実はこれまで何度も土をカラッカラに乾かしてしまったことがある。
譲り受けたばかりの時は50㎝の高さだったのが、今では1mを優に超える。
が、暑い6月に1ヵ月間家を離れて帰宅したその時、そこに生える葉っぱはすべて茶色に変色し乾いていた・・・・
とうとうやってしまった・・・
どこかで、いつかこの時が来るかもしれない、と思いながら何もしなかった自分に反省し、
無駄な努力とわかりつつ、鉢を少し大きめのものに代え、栄養のある土に植え替えた。
そして太陽の光が強い窓辺ではなく、部屋の中に鉢を置いた。


「無駄な努力」― そう思えることは人生で山ほどある。

~地球が確実に悲鳴を上げている現状に、自分ができることは何か~
*暖房や冷房、電機の使用をできるだけ控える。
*マイバック・マイ箸を持ち歩く。
*いろいろなものをゴミにするのではなくリサイクルにもっていく。

~紛争や戦争がまだ起こるこの世界で、自分ができることは何か~
*まず自分が平和であること。
*憎しみの言葉ではなく愛の言葉を発すること。

全て、そんなことで何か変わるのだろうか? 
と思えるちっぽけな行動だ。
でも、やらないよりマシ、だ。


私たちは知らない。
日々の想いや、行動が生み出す結果を私たちは知ることはできない。
小さな「自分ができる事」の積み重ねが、誰かほかの人の積み重ねと繋がり、
無限に繋がっていった先には思い描く世界が待っているかもしれない!


2ヶ月たったある日、私は発見した。
もう死んでしまったと思っていたアボカドの樹から新芽が出てきたことに!
無駄な努力を沢山やってみよう。小さな一歩でいい、踏み出してみよう。
その先に見えてくる世界が、このアボカドの新芽のように、いのちの再生まで産み出すかもしれないのだから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top