スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちを救う人となれ

☆この記事は、NPO法人アグレコが月一で発行しているフリーペーパー「agreco」に寄稿しているものです。
~みんなでくらしをつくる~というテーマの雑誌で、個性あふれる方たちの描く糸が紡ぎだす月刊誌。
群馬・東京・栃木で手に入れることができます☆


みなさん、“AED”を知っていますか?
―自動体外式除細動器―心臓がけいれんを起こし血液を流すポンプ機能ができなくなった状態の心臓に対して、
必要ならば電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
駅、コンビニやサービスエリア、公民館で見かける赤いハートに稲妻のような矢印が描かれたシンボルマーク。
先週講習会で改めて使い方を学んできました。


もともと、なぜその講習に行ったかというと、
ムーブメント・メディスンを教えるためにはファーストエイド(緊急・応急処置)の資格を持っていることが条件。
日本では、赤十字が行っている「赤十字救急法救急員」という資格があり、2~3日間の講習でその資格がもらえる。
初めて講習に行ったのは3年前、忘れもしない大雪が降った2月。
前橋の赤十字に通い三角巾の使い方、止血の仕方、骨折した場合の副子の当て方、
そして倒れている人を見かけた場合、どうしたらいいのかを何度も練習した。


倒れている人を見かけたら、皆さんならどうしますか?
道端で倒れている人を見かけることは、そう頻繁に起こる事ではない、そう思うかもしれません。
でも私は40年生きてきた中でこれまで覚えている限り3人の倒れている人と出会いました。
13年に1人の割合!そしてその内の1回は、まったくどうするすべもなく、ただ通り過ぎて、
その方が死んでいるのだと気づいたのがその3日後・・・ということもありました。
インドでの話です。


今回の講習会でも、2人組になり、実際倒れている人を目の前にした状況を創り何度も何度も練習。
不思議なことに練習だとわかっているのに、その状況を創るだけで私の心はギューッと締め付けられ、心臓がドキドキし始める。
まず行うことは、周囲の確認。そこは危険な状況ではないか。確認が取れたら、その方の意識・反応の確認。
「もしもし、大丈夫ですか?もしもし、大丈夫ですか?」
反応がない場合、すぐに助けを呼ぶ。119番し、AEDをもってきてもらう。呼吸の確認。
呼吸の確認が取れなかったら胸骨圧迫(心臓マッサージ)。
その一連の流れを練習し、人形に心臓マッサージと人工呼吸を繰り返す中で、思った。
握りこぶしよりも小さな心臓が一生止まらずに動き続ける奇跡。
長生きする人で100年間。平均20億回が一生の鼓動数。
時にはちょっと止まりたくなることだってあるだろうに、生きている限り心臓は“いのちの音”を奏で続ける。


お時間のある方、ぜひ講習を受けてみてください。
赤十字だけでなく、消防局でも講習会が開かれています。
ちなみに私はこの講習会を受けて、赤十字へのイメージが変わりました。
講師のみなさんはとても謙虚で一生懸命。赤十字に送られる寄付の使い道の一つとして、こういう講座も開設されています。


いのちを救う、そんな大それたことではなくても、万が一の状況と出会ったときに、自分が
“できること”をする練習のために。


スポンサーサイト
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。