スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百聞は一見に如かず

☆この記事は、NPO法人アグレコが月一で発行しているフリーペーパー「agreco」に寄稿しているものです。
~みんなでくらしをつくる~というテーマの雑誌で、個性あふれる方たちの描く糸が紡ぎだす月刊誌。
群馬・東京・栃木で手に入れることができます☆



皆さん、K-1を知っていますか? 
私はついこの間まで知りませんでした。K-1とは立ってする格闘技。
キックボクシングや空手、カンフーのK。KingのK。そのスーパーフェザー級世界最強トーナメントに行ってきました。
平和主義、暴力反対、菜食主義の私。つい2ヶ月前まで、格闘技??
まったく興味もないし、なんでわざわざ舞台に上がって傷つけあうんだろう・・・・?
と思っていた私。 
それが群馬から東京の代々木まで行った理由。それは“人”でした。


今年の夏にスペインに行ったときに、どういうわけか通訳をするご縁をいただきました。
その相手はなんとK-1選手。世界チャンピオンにもなったスペイン、コルドバ出身の選手でした。
話しているうちに、まっすぐで、飾り気がなく、自分の仲間や生まれ故郷を愛し誇りに思う彼のあり方が胸を打ちました。
村の1週間続く祭りで、ほとんど寝ていない最終日の朝。疲れがピークであるにも関わらず、ビデオ・写真撮影を何度取り直しても、嫌な顔をまったくせず、42度あるコルドバの暑い夏の日差しの真下でインタビューを受けてくれました。
踊ったことはない、嫌だ~、と言っているのに無理やりフラメンコを踊らせても、屈託のない笑顔で頑張る彼に、
私は感動すらしました。
その彼が日本に来て、世界チャンピオン戦に挑むなら、絶対観に行く!!そう思ったのです。

代々木第二体育館。着いたとたん、想像していた“格闘技の空気感”とは明らかに違っていました。
そこは、興奮とワクワクのエネルギーで溢れていました。着いてすぐに、私の応援する選手、ハビエルの登場でした。
初めての格闘技の試合を前にして、私はどう応援したらいいかわからず、もう祈るように彼を見つめました。 
3分×3ラウンド。たったこの9分の中で、選手は命を懸けて戦うのです。


私の身体は震えていました。そして、みぞおちに強い圧迫感。それは私の生存本能が、
リングの上に立つ選手のアドレナリンに反応しているようでした。


4時間の間、いくつものファイトを観ました。その中で印象に残っているのは、戦いだけではありません。
リングに向かう選手や審判、サポーターの態度。上がる前に祈る。四方の観客に向かって礼をする。
勝ち負け関係なくお互いのチームとの挨拶。相手チームの選手にファイトの後で水を飲ませる習慣。
もうこれ以上やったら危ない!そう判断して選手を止める審判の愛。
そのすべてを目撃しました。
リングは“聖地”でした。
一人の人間が、もう一人の人間と向かい合い、すべてをさらけ出して命を燃焼させる。
ファイトは“セレモニー”でした。


応援するハビエルは残念ながら負けてしまいましたが、彼の人となりが、私にこの体験をさせてくれました。
ハビエル、そして戦う選手たち。
感動をありがとう!!



スポンサーサイト
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。